女の人

リフォームして耐震性を高める|あなたの家は耐震基準満たしてますか

家庭からの電気を買取

パネル

太陽光発電の買い取り制度

2009年11月から開始された太陽光発電の買い取り制度は、国民全員参加による低炭素社会の実現をめざし、太陽光発電による電力のうち自己消費せず余った電力を電力会社が買い取り、費用をすべての電力使用者で分担して負担するというものです。 この制度の登場で日本全国にメガソーラーの建設が行われ、個人的には各家庭で自宅の屋根に、ソーラーパネルを設置しているところが多くなってきています。 環境にやさしいうえに、余った電力を買い取ってもらえるこの制度を利用して、ソーラーパネルを設置する企業や家はますます増えてくることでしょう。ですが難点は、この太陽光発電を設置する初期費用が高いため設置を迷っている個人多く、この設置費用をいかに安くできるかというのが今後の課題になってくるでしょう。

再生可能エネルギーの買い取り制度

2011年から再生可能エネルギー全量買い取り制度が始まりました。これは太陽光発電でできた電力にかかわらず、風力発電、水力発電、地熱発電、バイオマス発電によって発電された電力すべてを電力会社が買い取りをするという制度です。買い取りに必要な費用は国民が負担します。 様々な技術開発により一番低コスト化できるるものが太陽光発電です。再生可能エネルギー利用促進のためには、一番普及しやすい太陽光発電の設置が望まれているところです。それにより、その他の再生エネルギーの利用も盛んになっていくことが推測されます。 一つ懸念されるのは余剰電力の買い取り費用が国民負担であるため、この費用の負担がどこまで増大するのかが懸念されるところです。