ダンプカーの査定額を高くするために心がけること

査定額をアップさせるためには色々やることがある

人気がある車種であれば高く売れる可能性がありますが、そうでない場合査定に出す前にやるべきことがあります。

査定に出す前にエンジンルームをキレイにしよう

エンジンルームの良し悪しで大きく査定額が変わる

エンジンルームの状態が良いと査定額がプラスになる可能性が高いです。そのためキレイに掃除しておきましょう。また改造しているのであれば純正品のパーツに戻しておいてください。また故障の箇所があった場合、修理に出すと修理費用が査定額より高くなる可能性があるので修理に出さないほうが無難です。

エンジンルームの掃除の仕方

エンジンがかかったままだと危険ですので、エンジンを切ってから掃除するようにしてください。専用のクリーナーをスポンジにつけて汚れを拭き取りましょう。

エンジンオイルも忘れずに点検しよう

エンジン音が良くないとあまり大切に扱ってないと判断されマイナス査定になります。エンジン音が良くないのはエンジンオイルが古いのが原因なので新しいものに交換しておいてください。

ダンプカーの査定額を高くするために心がけること

ダンプカー

洗車は必ず済ませておく

汚れが酷い状態だといくら人気のあるダンプカーでも査定額が低くなるでしょう。しっかりと洗車しておくことでマイナス評価されることはありません。なお査定士は細かいところまでチェックしますので、汚れが残っていないか隅々までチェックしておきましょう。

下手に出ない

査定に出すといえどビジネスですので礼儀正しく接すのがマナーです。しかしながらあまり下手に出てしまうと査定士につけこまれる可能性が出てきます。あまり下手に出ずに堂々とした態度で接すればそのようなことはありません。

色んな業者へ査定に出す

1社だけに査定に出すのはあまりオススメしません。もしかすると他の業者がより高く買取ってくれる可能性があるからです。3社以上の業者へ査定に出すようにしましょう。

ディーラーと専門業者の違い

ディーラーへ依頼

新車を販売するのが主な仕事なので、新しいダンプカーに買い替える際に便利でしょう。顔見知りである場合はスムーズに取引ができるのがメリットと言えます。

専門業者へ依頼

ディーラーは中古のダンプカーを販売するルートをあまり持っていないので本来の価値よりも安く査定することが多いです。専門業者であれば中古のダンプカーの販売ルートを多く持っているため本来の価値で査定してくれます。

広告募集中