男女

リフォームして耐震性を高める|あなたの家は耐震基準満たしてますか

経済的効果が高いシステム

パネル

太陽光発電を導入すれば、太陽光エネルギーを電気エネルギーに変換して使用することができます。設置費用はどんどん下がってきているので、安い費用で太陽光発電を導入することができます。

詳しく見る

気軽に導入できるように

屋根

太陽光発電を家庭に取り付けしようと思っても設置にかかる費用が高額だったこともあり、ためらっている人も多くいます。しかし最近ではパネルの量産などもあり比較的安い費用で導入することが可能となってきました。

詳しく見る

地震に強い家作り

部屋

耐震工事についてご説明します

ご自宅の耐震工事について興味はあるけれども、どのようにやるのだろうと疑問を持っている人は高津区にも多いと思います。まずは一般的な豆知識として、1981年(昭和56年)以前に建築された建物は地震に対して非常に弱く、危険であると言えるでしょう。 現在一般的となっている耐震基準が定められたのが、昭和56年6月です。この耐震基準は震度5弱程度の揺れではほぼ損傷は無く、震度6強から7程度の大型地震に対しても、命の危険を及ぼすような家の倒壊などは無いと言われています。 逆に言えば、これ以前の建物は震度6以上の地震が発生した場合は非常に危険であると言えるのです。そこで必要となってくるのが耐震工事で、現在は建築技術の発達などもあり、様々なテクニックを駆使しての耐震補強が行われています。

実際には耐震工事とはどのように進めるのでしょう

まずは自宅現場における耐震診断を行います。建物の規模や地形によって違いますが、主に2週間程度の期間と10万円から20万円程度の費用が必要です。地元の工務店や建設会社などのほか、各官公庁などが紹介しているホームページもありますので、是非ご参考にして下さい。 その後現地調査の後に補強計画と補強設計を行いますが、こちらも同様に20万円から30万円程度の金額が一般的でしょう。この計画に十分に納得いった場合に実際の耐震工事を進めていくことになります。耐震工事はリフォーム会社でも行なっています。工法や築年数等によって期間や費用は違ってきますが、1週間から1ヶ月間程度、費用としては150万円から200万円程度が一般的な目安でしょう。 ただ、各地方自治体の条例等により、リフォームにかかる補助金制度や税金の優遇措置がある場合がある、実際の負担額を軽減できることも可能です。高津区のリフォーム情報はホームページ等での細かい情報収集を行なうことができます。

家庭からの電気を買取

パネル

太陽光発電でためた電気は自宅で使うだけではなく電力会社に買い取りしてもらうことができます。そのため一般家庭でも屋根にソーラーパネルを設置するところも増えてきています。

詳しく見る